雨漏りだと感じたら

家

継ぎ目から起こりやすい

天井や屋根裏部屋に染みが見えたら、まず雨漏りを疑うことが大切です。その原因の多くは、継ぎ目のところに隙間ができ、そこから雨風が侵入することで起こります。ここでいう継ぎ目とは、例えば、天窓と屋根、瓦と瓦、雨樋の接合部などがあります。屋根は紫外線や雨風に一番に晒される場所であるため、動いたり劣化したりしてその継ぎ目の部分に大きなストレスがかかるわけです。その雨漏り修理をするのならば、まずはその継ぎ目をチェックするのが大切です。瓦一枚一枚がズレてないか、天窓の周辺に隙間が空いていないか、雨樋がグラグラと動かないかなどが挙げられます。多くの雨漏り修理は、軽微であれば個人でもできなくはありません。動いた瓦を戻したり、板金を打ち直したり、隙間をパテで埋めることで多くの場合は改善されます。ただし、屋根の上という危険性から考えて、雨漏り修理の業者に依頼するのが一般的です。お金はかかりますが、身の安全には変えられません。また、軽微であればいいのですが、大きく破損してたり、雨漏りが原因で屋根の下が腐敗しているケースもあります。その屋根の下の状況というのは、素人には分かりにくく見過ごされがちになるケースが少なくありません。素人で雨漏り修理することはほぼ出来ませんし、欠損を見過ごしたままでは事態が悪化するばかりです。そのため、雨漏りの可能性があると思ったら、まずは業者に依頼するのが賢明な判断と言えるでしょう。

Copyright© 2018 ベランダ防水で腐食をストップ【定期的にメンテナンス】 All Rights Reserved.