雨漏りは自己診断が困難

雨漏り

雨漏りの診断は非常に難しいので、自己診断をせずに雨漏り修理業者に依頼をしてください。放置すると屋根・外壁の劣化を早めるので、気づいたタイミングで修理するのがベストです。作業件数と信頼性は比例することが多いので、業者の公式サイトで確認しておくとよいでしょう。

詳しく見る

修理にかかる費用

雨漏り

雨漏りの修理の相場は、大きく修理の方法・雨漏りの規模・修理する周辺の環境で変動してきます。また、放置しても悪化する一途のため、発見したらすぐに修理を依頼することによって、コストを抑制させることができます。

詳しく見る

雨漏りが気になったら

屋根と工具

雨漏り修理は急を要しますからスピード対応してくれ、困っているご家庭に親身に寄り添ってくれる地元密着の業者を探すのがベストです。直ぐに駆けつけ、応急措置を施したり、事前に明確な見積もりを提示してくれる業者を探しましょう。

詳しく見る

雨漏りの原因にも

住宅模型

ベランダは定期的に防水加工をしないと雨水が侵食していってしまい、雨漏りの原因となってしまうことがあります。施工を依頼する場合には専門業者を選ぶことで適切な施工方法を提案してくれます。また、確かな実績を持つ業者であれば仕上がりも良くなることが多くなっています。

詳しく見る

雨漏りだと感じたら

家

雨漏りは屋根の継ぎ目から起こりやすいため、雨漏り修理はそこをチェックすることから始まります。ただ、屋根の下の状況は分かりにくく、修理できないケースも少なくないため、基本的には業者に依頼した方がベストです。

詳しく見る

施工の種類を確認

住宅

主に2種類が行われる

ベランダの防水機能が低下してしまうと、雨水が下地に浸透してしまい住宅の中を、腐食させてしまう原因となります。ですので、ベランダも定期的にメンテナンスを行い、防水機能をキープする必要があるのですが、通常のベランダでは主に2つの施工から選ぶのが一般的です。今、最もポピュラーとなっているベランダの施工は、「FRP防水」という種類で、ガラス繊維強化プラスチックという素材を使います。現在、新築のベランダだと大半がFRP防水と言われているほど、メジャーな施工でベランダ防水の第一選択肢です。この施工は防水層が軽量でしかも、耐水性や耐食性に非常に優れており、さらには施工にかかる期間も短いというメリットがあります。だいたい1日から2程度という短い期間で施工は全て完了するので、すぐにベランダを使いたいという人におすすめです。ベランダの形状が複雑という場合は、「ウレタン防水塗装」となるケースもあり、どんな場所にも対応できるのが特徴的な施工となっています。人の手で材料を塗っていく施工ですので、複雑な形をしていたり段差があるベランダでも、問題なく施工が行えるのが魅力です。また材料を塗るという簡単な施工ということもあり、他の種類よりもコストパフォーマンスが良く、費用が安いというメリットもあります。また施工の際に臭いが発生するということも無いため、家にお子さんやペットがいるご家庭でも安心して依頼できる点も、ウレタン防水塗装の良さです。

Copyright© 2018 ベランダ防水で腐食をストップ【定期的にメンテナンス】 All Rights Reserved.